ブロスタと同期のドラネスMの面白さがジワってきた件

アラクレ@ゲームブロガー(@arakurelog)です!

ブロスタがリリースされた翌日12月13日にリリースされた

「ドラゴンネストM」が個人的にジワってきてるので紹介したいと思います!

ブロスタの新イベントでのスタートークン獲得とバトルでのトークン回収が終わった時

自分の好きなキャラの得意マップが無い時なんかにちょこちょこプレイしていますが、

よくあるRPGと違ってアクション性が高いゲームなので、ブロスタが好きな人はドラネスMも楽しめると思いますよ!

ドラゴンネストM
ドラゴンネストM
開発元:Eyedentity Games Japan, Inc.
無料
posted withアプリーチ

ドラゴンネストMってどんなゲーム?

PC版で全世界2.5億人がプレイしたバトルアクションRPG

ドラネスは2010年にリリースされたPC版が大人気となり、世界で2億人がプレイしたと言われるバトルアクションRPGです。

そのモバイル版が今回リリースとなった「ドラゴンネストM(以下ドラネスM)」なのです。

僕もかなり昔ですがドラネスのPC版をプレイしましたが、当時色々な大作RPGが流行している中

爽快すぎる、癖になるアクション性で一気に有名になった作品でした。

ただのアクションでなく、キャラ毎に存在するスキルのコンボが面白くて、ハマる人が多かったですね。

PC版は9年経った今でも絶賛サービス中のようですね!

管理人の推しゲー
先行配信の韓国では数ある大作MMORPGを差し置いて、AppStore無料総合ランキング1位を独走する実力派タイトル「ハンドレッドソウル」。業界トップクラスのグラフィックに加え、圧倒的な操作性によるアクションプレイが他タイトルを追随させない強さの秘訣。今後、超人気シリーズの仲間入りは間違いないと予想します。  

ドラゴンネストMのゲーム概要

ドラネスMは、最初に5つのクラス(キャラ)から自分のキャラを選択して、

ストーリーを進めながら、キャラを育成していきます。

⇒5種のキャラを動画付き紹介【ドラネスM】

ストーリーを進めてキャラを育成しつつ、ドラネスの醍醐味である対人戦の「闘技場」や、

仲間と協力して巨大ボスを倒す「ネストバトル」「農園」や「釣り」など様々なコンテンツを楽しむことが出来ます。

⇒コンテンツ紹介「闘技場・農場・釣り」

ブロスタと比べるとのんびりコツコツと育成していくゲームなので、

ブロスタのゴリゴリバトルに疲れた心をドラネスで癒してあげましょう。笑

管理人の推しゲー
人間と魔人が協力する「憑依システム」が特徴の憑依一体型RPG「クロスクロニクル」が事前登録を開始。充実したオート機能でライトなプレイにも対応しつつ、レイドバトルやPvPといったやりこみ要素も搭載!配信日にお知らせしてくれる「事前予約」受付中! 【AppStore(iOS)で事前予約】 【GooglePlay(Android)で事前予約】

何が面白いの?

これに関しては完全に主観になりますが、僕はドラネスの雰囲気、ファンタジーな世界観が気に入っています。

最近のRPGはグラフィックが綺麗になってリアル志向なゲームが多いですが、

ドラネスMは良くも悪くも昔のままで、あの頃のRPGを思い出させてくれます。

正月明けで現実逃避したい方(僕も含め)にはぴったりだと思いますよ。笑

他には、アクション性の高い戦闘は他のRPGと比べて面白いです。

ダンジョンでオート機能をあえて搭載しないのは、単純にバトル操作が楽しいからだと思います。

ちなみに僕は新クラスの「アカデミック」でプレイしていますが、ゴーレムやモンスターを召喚して

一緒に戦うのが楽しくてしょうがないです!上記画像は闘技場でのタイマンバトルです。

ゴーレム召喚しているのでタイマンと言えないかもですが。。。

まとめ

ドラネスMはブロスタ配信日の翌日に配信だったので、ぶっちゃけブロスタの影に隠れてしまった感が強いです。

ただ、元々かなりの実力派タイトルであることは間違い無いので、アクションRPG好きな人から

今後ジワジワ人気が出てくるのを予想しています。

リセマラも不要なので、興味がある方は一度プレイしてみてください!

⇒リセマラ不要!理由は?【ドラネスM】

ドラゴンネストM
ドラゴンネストM
開発元:Eyedentity Games Japan, Inc.
無料
posted withアプリーチ

コメントを残す