【アルティメットテニス】勝つためのスタミナ配分

スポンサーリンク

こんばんは、アラクレです!

今回はテクニックではなく、

格上に勝つための戦略について説明します。

基本的な、初歩的な内容になるので、初心者さん向けの記事になります。

 

少ないスタミナを1つのゲーム+延長戦に集中投下

格上を戦う上で一番気にしなければいけないのが

体力の差 です。

そもそも選手が持っている体力の量も違うし、

相手に与える攻撃力も違う、

ブラック選手以上ではブラックスキルで

相手の体力を削ったり、自分の体力を回復したりもできます。

つまり、普通に戦っていると速攻で

こっちの体力が消耗し、負けが確定してしまいます。

格下に勝つためにやることはただ一つ。

無駄な体力消耗を避け、1ゲームだけに集中して体力を使うことです。

はっきり言って格上相手に、2ゲーム連取は難しいです。

なので、最初から1ゲームを取る事に集中して

2ゲーム目は体力温存する為に捨てる。

そして延長戦に残った体力を全て使い切り勝つという戦略です。

 

実際の手順

1ゲーム目

最初は自分のキャラの中でもエース使って

ポイントを取りに行きます。

当然ですが長いラリーなどはせず、

どんどん前に出て決めにいきます。

各キャラの体力は、極力半分以下まで使わないようにします。

 

ここで30−0まで持ち込めれば、1ゲーム目を

全体力使い切ってでも取りに行きます。

 

もし最初の2プレイで体力を消耗しすぎたり、

0−15、0−30と相手に先制されてしまったら

この時点で1ゲーム目は捨てます。

この場合は、

2ゲーム目に体力全快+スキルゲージMAXで臨みたいので

体力消耗を各キャラ半分までに抑えつつスキルゲージを溜めます。

理想を言えば、相手にレッドスキルを使わせたい所です。

 

2ゲーム目

1ゲームを取っている場合は、

2ゲーム目は捨ててOKです。

ただ、各キャラの体力を半分までは使っても良いので

攻めるチャンスがあれば積極的に攻めます。

そして自分のレッドスキルは使わず保持しつつ

相手のレッドスキルを使わせることに集中します。

自キャラの体力MAX+スキルゲージMAX+相手のスキルゲージが溜まっていない

この状態で延長戦に臨むのがベストです。

 

1ゲーム目を取られている場合は、

体力は気にせず全力で2ゲーム目を取りに行きます。

負けたら終わりですからね。笑

 

延長戦

とにかく早く決めに行きます。

延長戦は、2ポイント先取で決まりますが

1回ジュースが入るので、最大で5プレイすることになります。

5プレイまでもつれ込むと体力勝負になりかねないので

ここでも早めに決めに行くのが吉です。

 

まとめ

つらつらと書きましたが、

結局は格上相手には早期決戦仕掛けるしかないということです。

ただ、1ゲーム目に0−30からひっくり返すのは

確率的に難しいですし、失敗した時に負けがほぼ確定するので

その場合は1ゲーム目は捨てて、体力温存とスキルゲージ溜めに専念し、

2ゲーム目に賭けるという考え方でした。

 

 

以上、【アルティメットテニス】勝つためのスタミナ配分 でした!

 

こちらの記事もおすすめ

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です